神様からの贈り物♡スタンダードプードル 作品№107 セーラちゃん



今回のワンちゃんは
以前紹介した黒ラブのレイディちゃんの妹。

スタンダードプードルの セーラちゃん


d0282395_10245612.png





セーラはしつけの先生の紹介でレスキューした保護犬です。

倒産したブリーダーに生まれて間もなく
放棄された子なので、断尾されることもなく、
プードルながらフサフサとした尻尾を持っていました。
私はこの尻尾が大好きでした。


d0282395_14572851.png
先生からお話を頂いた時には、
先住犬のレイディの病気が分かった頃で、
私としては迎える自信がなく
お断りするつもりだったのですが、
そんな私の気持ちを全て理解した上で先生に
「とにかく一度見に行こう!」と言われ
会いに行きました。

そこで見たのは、テーブルの上で心細げに座っている
薄汚れた小さなパピー、セーラでした。

先住犬への心配が心を占めていた私だったのですが、
その時、偶然にもその子が私と同じ誕生日ということが分かり
主人に背中を押されるようにして
迎えることにしました。

もう16年も前のことなのに
今でもその時の情景ははっきりと覚えています。
d0282395_10240285.png
そんな出会いでしたので、
セーラは本当に神様からの贈り物だったと思えるのです。

愛おしい大切な贈り物だと・・・

あまり手を焼かせることもなく
健康で他犬にもどの人にも問題なく、愛らしい子でした。

d0282395_15034307.png
レイディのことが大好きで
後から迎えた猫のムーを
それはそれは可愛がり
私達家族を愛して、愛されて一生を終えました。
d0282395_10405109.png



いくつになってもパピーのようなところがあり、
元気でしたので、
膀胱癌と分かった時にも信じられない思いでしたが、
治癒は見込めない癌だと知った時の
衝撃も忘れることは出来ません・・・

毎回の膀胱鏡は鎮静をかけることもなく、
素直に診察台で仰向けになり、
私が耳元で「大丈夫よ、大丈夫」と
囁きながら撫でていると、
身動き一つせずに検査を受けてくれました。

その姿を見て、こんなにも私のことを、
人を信じてくれる子になったのだと
色んな方への感謝の思いで一杯になったのを覚えています。

d0282395_22074995.png


亡くなる前日まで自分の脚で歩き、
クリニック(セーラパパさんの)にも付いて行きたがるので
連れて行きました。
何処へ行くのも一緒に行きたがる子でした。

実際、あの子との散歩は楽しかった♡
多くの方が声を掛けて下さり、
撫でてもらうのが大好きな子でした。

たくさんたくさん人を愛し、愛されたあの子は
この上なく幸せだったと思います。

年齢にも不足は無く、逝き方にも納得しています。

でも寂しい。
逢いたい。
この思いだけはどうしようもありません・・・

                          セーラママより



d0282395_10400355.png


2年前の今日、5月26日
セーラちゃんは息を引き取りました。。。

まだまだお辛い中、エピソードを綴って下さいました・・・
4年前の大阪秋の陣には宝塚からお越し下さり
私もセーラちゃんに会うことが出来ました110.png

d0282395_20595158.png




今回依頼されたセーラちゃんがこちら

d0282395_10242524.png

あどけなさの残るこのセーラが好きなんです♥
とママさん((*^_^*)




それではミニの紹介です。


d0282395_20400758.png


ママさんが大好きなフサフサの尻尾
d0282395_20414699.png

d0282395_20424247.png


おウチに帰ったセーラちゃん
d0282395_20432517.png
レイディ姉ねと一緒♡



空の上で・・・優しい優しいお姉ちゃんと一緒なのね。
寂しくないね、セーラ162.png









[PR]

by chu_k2012 | 2018-05-26 21:38 | 羊毛フエルト | Comments(0)