カテゴリ:羊毛フエルト( 93 )

17歳のMIX犬ママ♡ 作品No.44 マークちゃん

今回のモデルさんは17歳のお母さんワンちゃん023.gif

ペットショップの店頭に“可愛がって下さい!”という
カゴの一番下敷きになっていたラブもどきの仔を
連れて帰ったそうです037.gif
d0282395_2220187.png
マークちゃん 17歳

最近は寝ている時間が増え、後ろ足が弱くなりました・・・
d0282395_22201421.png



ご近所に似たようなラブもどきの男のコ、
ロトくんと仲良くなり、子供を授かったそう053.gif
8頭もの子供が生まれ・・・
家族総出で夜中までミルクやり等の世話をしたのは
いい思い出です♡と話して下さいました001.gif

皆、善い飼い主さんにもらわれて行った中・・・
一番心配で・・・残った男のコが・・・
d0282395_22214323.png
プリンくん 14歳
なんて可愛いんでしょう♥♥♥
ずっとマークママの傍で・・・優しさに包まれ、時には厳しく育てられてきたそうです010.gif


なんとプリンくんが子供の頃、
ranranlabraさんのエス姉さんと公園友達で
よく遊んでもらったんだよ~って005.gif
そして我が家のちょ子も散歩で通りかかると
マークちゃんとプリンくんが塀越しに
毎回吠えていました037.gif


現在マークママは、犬2匹、猫3匹のリーダーとして活躍中!!029.gif

d0282395_22203240.png
こんな感じで・・・と
お預かりした写真の一枚。

ではミニマークママです016.gif
d0282395_2220452.png
爪が伸びているんです・・・ってことで・・・
長めにしました037.gif

d0282395_22212280.png
フサフサの尻っぽ♡

d0282395_2221460.png
お写真だと白く見えた毛も・・・
実際に見ると結構ベージュでした。
ご近所なので何度か途中経過も見て頂き、
ご家族のお墨付きを頂き完成072.gif


いつまでも元気で長生きしてね053.gif
            マークママのママ、ジージ、バーバより
[PR]

by chu_k2012 | 2014-08-12 11:08 | 羊毛フエルト | Comments(6)

ロン毛姫ヨーキー♡ 作品No.43 アイちゃん

久しぶりの更新です・・・
今回大作に挑んでおりました(;^ω^)

2年前の7月・・・
グリちゃんというヨークシャーテリアが15歳で亡くなりました・・・
グリちゃんは1歳半の頃、
3頭の赤ちゃんを産んでくれました。
自宅で取り上げたそうです♡

しかしそのうちの1頭は不運にも
子供の頃に亡くなってしまいました・・・

以後、グリママちゃん
女の子のアイちゃん、男の子のジュンくん、
3頭でとても可愛がられて暮らしていました

ジュン君は4kgあり、イタズラっ子
机の角はかじるし・・・
ウォーターベットの水は出してしまうし・・・

一方女の子のアイちゃんはイタズラもせず
体は一番小さくて・・・2kgしかなかったそうです

3頭共、とても賢く、言葉を理解し、デリケートで
『言うこときかないなら他所のおウチに行きなさい!』
な~んて言うと・・・
3頭揃って下痢をしてしまったそうです008.gif

主にワンちゃんの面倒はお父さんがしていたそうですが、
アイちゃんはお母さんが好きで
3頭の中でも特別な存在だったそうです。

そして今回依頼されたのが
その一番小さくて・・・
毛艶がとってもキレイな
アイちゃん等身大で♥♥♥ 
とお願いされました(*^_^*)
d0282395_22291675.png
アイちゃんもグリママが亡くなった2ヶ月後に
お空に旅立ったそうです・・・

その最期は・・・
度々の痙攣に見舞われ、眠れない夜が続き・・・
お母さんは疲弊しきってしまい・・・
入院を余儀なく強いられ、
後ろ髪を引かれる思いで病院に預けたそうです・・・

入院しても改善は見られず・・・
時に「キーッ!」と発して引きつけを起こしてしまい・・・

これではおウチに連れて帰っても・・・と
安らかに眠らせてあげることをお医者さんに勧められたそうです007.gif
d0282395_22292791.png
その選択が正しかったのか・・・
未だに葛藤があり
胸が痛むそうです・・・

ツヤツヤの毛は床まで伸び、短めの鼻・・・
「この子は本当にいいヨークシャーテリアだね」
と言われたそうです。

その艶のある毛をどうやって表現しよう・・・
ストレートでロング、そして等身大・・・
先ずは材料探しからでした。

そして完成したのが
コ・チ・ラ
d0282395_1043928.png
d0282395_1045354.png
d0282395_22303224.pngd0282395_22304959.png



















お届けした時
お母さんにとても喜んで頂きました♡
頑張った甲斐がありました(*^_^*)



d0282395_2231674.png

[PR]

by chu_k2012 | 2014-07-20 10:38 | 羊毛フエルト | Comments(16)

ビーグル 作品No.42 メロディちゃん

今回も初めての犬種に挑戦!
ビーグル犬のメロディちやん
名前の由来は音楽好きの家族なので・・・と060.gif
いつもソファでメロメロになって戯れていたそうです016.gif
d0282395_118271.png
隣のおウチで猟犬を探していて
2頭姉妹のビーグルが生まれたそうだけど
その一頭をどうですか?というお話が来たそう・・・
元々ビーグル犬が好きだったお母さんは
その話に飛び付いたそう037.gif
1998年5月のことでした♪

一頭は大人しく、そちらを隣のおウチで飼うことになり
ヤンチャな方を迎えたが・・・
幼少の頃は噛み付いたりうなったり・・・
凶暴で子供は怖がり、
犬が苦手だったお父さんは叱ってばかりだったそうです008.gif

でも番犬に向いていて、その声は遠くまで響き渡り近所でも評判070.gif
市のサイレンが鳴ると、高い声で“ウォ~”と遠吠えしたそうです。
“いい犬だね、譲ってもらえませんか?”と
言われたことが幾度かあったそうです034.gif

ある日、台所に置いてあったうなぎを食べられてしまい・・・
おとうさんに 「10年早いわーーー!!!」 と
エラく叱られたこともあったそう007.gif

またこんなことも・・・
庭からネズミを捕まえて来て、お母さんに持って来たんだって~!!!005.gif
もちろんお母さん『ギャ~!!!』037.gif
隣のおウチのビーグルちゃんより
猟犬に向いていたのはメロちゃんの方だったとか015.gif

d0282395_1184868.png
そんなメロちゃんも年を重ねるごとに毛の模様が薄くなり・・・晩年はこんな色白に・・・
性格も丸くなっていき
息子さん娘さんも大人に成長・・・
お父さんの犬嫌いも克服
家族4人+1頭仲良く暮らしていました056.gif

しかし・・・ 2013年2月
激しい痙攣が続き、
いつ逝ってもおかしくないです・・・とお医者さんに言われたのに
メロちゃんは家族4人が帰ってくるのを待ってくれたそうです007.gif
そしてその晩・・・メロちゃんはお星様に・・・
14才10ヶ月でした



毛の色がはっきりしている頃のメロちゃんを作って欲しいということで
出来たのがコチラ
d0282395_1353346.png



d0282395_119415.png
頭の上の模様が特徴


d0282395_119162.png
大きなお耳


d0282395_1192890.png
背中のVの模様・・・



d0282395_1195553.png
娘さんの成人式056.gif
この頃はもうオバアちゃんのメロ。
時々痙攣を起こすこともあり、この日を元気に迎えられてよかった♡
と話して下さいました。



メロちゃん優しい家族と暮らせて幸せだったね♥
d0282395_1110111.png
お母さんが座布団作ってくれるんだってよ~053.gif
みんなの癒しになってね・・・
[PR]

by chu_k2012 | 2014-06-29 23:01 | 羊毛フエルト | Comments(12)

トイプードル♡  作品No.41  ルルくん

今回初挑戦のトイプードル☆彡


d0282395_22382285.png
ルルくん
 5月12日に6歳のお誕生日を迎えました067.gif



ご依頼主さんの洋子さんは犬が大好きで…
初めに飼ったのはマルチーズ。
次に飼ったトイプードルは18才まで長生きしたそうです(*^_^*)
その子を亡くした時、もう犬は飼わない・・・と
悲しみに暮れたそうですが・・・
時が経ち、お散歩のお供が居たら・・・と思い、
出会ったのがルルくん♪

しかし、ルルくんが3才になった頃、色々な事情が重なり
ルルくんをお友達に預かって戴くことに・・・

落ち着いた頃、引き取ろうと思ったそうですが・・・
お友達のおウチでとても可愛がられてご家族も手放せなくなり・・・
ルルくんもせっかく慣れた環境からまた引き離すのも可哀想と・・・
そのまま飼って戴くことにしたそうです・・・
これには苦渋の決断がいたでしょう007.gif

でもそれ以後もお友達のおウチに
度々行かれルルくんに会うそうです003.gif


一年前、展示会に足を運んで下さった時に
「婿に出したトイプードルを作って下さい。」
とご注文頂きました♥

これがお預かりしたお写真です♡
d0282395_22383657.png
ぬいぐるみの様にカワイイですね~016.gif


そして・・・これが出来上がったミニルルくん♫
d0282395_22385196.png


d0282395_223949.png



優しさのあふれる可愛らしいお母さんに抱かれ・・・
d0282395_2347455.png
とても喜んで戴けました♥(*^_^*)

今では4代目、トイプードルのナナちゃんを迎え
楽しい日々をお過ごしになられているそうです053.gif
d0282395_23462249.png
初めての女のコだそうで・・・
真っ黒ちゃんも初めてだそう037.gif
しかもトイプードル?というくらい大っきい~
まだ7ヶ月で6キロって言ったかな・・・042.gif



そしてルルくん、新しいおウチで
名前をつけてもらったそうで・・・
その名は・・・

まさむねくん072.gif
通称マーくんだそう♡
洋名から和名に・・・大変身ですね~041.gif
[PR]

by chu_k2012 | 2014-06-14 08:45 | 羊毛フエルト | Comments(12)

ぽっちゃり猫 作品No.40 ピエール

今回は猫。2度目の挑戦でした。

5年程前・・・
国道20号線の真ん中で車にひかれていたところを助けられ
当時大学生だった娘さんに里親の話がきて引き取ったそうです。
その後大学卒業を機に実家にお引越し♪
賑やかな家族の一員になりました016.gif
d0282395_821719.jpg
しかし、臆病で人を警戒する仔で・・・
なかなかなついてくれませんでした008.gif
d0282395_824093.png



d0282395_825497.png
かなりのボリューム(^◇^;)
6kgあったそうです!!


d0282395_23242892.png
後にやって来たミイちゃんが大好きで♥
とても仲良しでした(^-^)


今年2月の大雪の日・・・
突然具合が悪くなり入院・・・
心筋症と診断されました007.gif
先生の懸命な対応も虚しく
3日後の2月13日 早朝
ピエールちゃんはお星様になりました・・・

予約当初、ミイちゃんを作る予定でしたが・・・
予期せぬピエールちゃんとのお別れになってしまい
ピエールちゃんをお願いされました。
d0282395_23244591.png
ミイちゃんとお揃いの付けるはずだったチョーカーを付けてもらい
お気に入りの毛布に包まれて・・・♥



d0282395_23245768.png
青い目がキレイだったそうです


d0282395_23251282.png
d0282395_23252480.png
d0282395_23255656.png
なんかこのちょ子 笑える037.gif








d0282395_2326590.png
三姉妹の真ん中のyuukaちゃんと・・・
泣きながら一緒に寝たそうです・・・




d0282395_23261520.png
またおウチに帰れるからね♡
[PR]

by chu_k2012 | 2014-06-09 00:15 | 羊毛フエルト | Comments(10)

Mダックス 作品No.39 ぷちちゃん

今から12年ほど前、知り合いからの伝で
ブリーダーで繁殖犬として何度か出産をしている
ミニチュアダックスの里親を探しているという話が来たそうです。

会ってママさんは一目惚れ053.gif
ぷちちゃんとの運命の出会いでした。
d0282395_11144645.png
引き取った時、お乳が張っていて
もしかするとお腹に赤ちゃんがいるかもしれない・・・と言われ、
検査したところ…子宮蓄膿症だったことがわかり入院。。。

年齢は定かでなく4~5才ではないか・・・

散歩もしたことがなく
初めは外に出ても一歩も動けなかったそうです007.gif

そんなぷちちゃんも幸せな生活が始まると
めきめき元気になり、食欲も旺盛になって
なんでも食べてしまい困ったそう

革製品が好きで、直ぐに噛んでしまい・・・
ある日Gパンのタグを食べてしまい開腹することに・・・008.gif
するとなんと!タグ意外にも革製のキーホルダーが出てきたそうな002.gif

それから3年後・・・今度はバアバが車に乗せてあった○○○○を
ママさんは知らずに車から離れ
その隙になななんと!2本平らげてしまったそうな・・・008.gif
〔問題: さて、○○○○は何でしょう034.gif

二日間出てくるのを待ったけれど・・・出てこなくて
結局またお腹を切ることに・・・

それ以後、獣医に行くと
「今度は何をたべました?」と言われてしまったそうです008.gif

その後、プードルのそらくん、Mダックスのさくらちゃんも
家族となり、賑やかで幸せな毎日でした。

そして・・・ぷちちゃん15才(推定)
昨年の今日。。。
5月25日に腎不全でお星様になったそうです・・・

私達の方が幸せをもらっていましたとママさん・・・
ぷちちゃんもとても幸せな11年だったよね♥
d0282395_1115650.png
クリクリお目目がとってもチャーミング♡
d0282395_11151459.png
d0282395_5415159.jpg

さくらちゃんはぷちちゃんを母のように慕い
ぷちちゃんもさくらちゃんを
娘の様に可愛がっていたそうです♥








そして・・・
こちらが出来たミニぷちちゃんです~♪
d0282395_22115017.png

d0282395_11514510.png
d0282395_11515591.png
d0282395_11521984.png
d0282395_11523095.png



実はぷちママさん・・・ハーレーのオーナーなんですよ!!
旦那さんとお付き合いしている時に
後ろに乗っているだけではつまらないと
免許を取ったそうです072.gif

お休みには旦那さんや仲間とツーリングに出掛けるそう
♡ステキ♡
d0282395_2136783.jpg
d0282395_21394520.jpg
カッコイイですね~049.gif
旦那さんのバイクは40年前の旧車で
わかる人には素晴らしいバイクなんだって~
とうたん食いつきまくりでした(;^ω^)


お家に帰ったぷちちゃんの写真を送って下さりました♡
d0282395_21412232.jpg
エピソードをお願いした時に
『 T家の宝でした。もう一度会いたい・・・』
と書かれていました・・・


「可愛くてしかたないです」
と、喜んでいただけて・・・お役に立ててよかったです♡

またまた素敵なご家族と出会えて嬉しいです016.gif



○○○○の答えは・・・たくあん でした~015.gif
[PR]

by chu_k2012 | 2014-05-25 05:38 | 羊毛フエルト | Comments(12)

ロングチワワ 作品No.38 ハクくん

またまた初挑戦となりました…
ロングチワワのハクくん

ハクくんがまだママのお腹にいる時にブリーダーさんにお願いしておいて
産まれてきた子を家族に迎い入れたそうです♡
2002年 12月28日生まれ 12才♥
たまに引きつけをおこしてしまうので、薬は絶やせませんが…
普段は元気です003.gif
d0282395_1392291.png
お父さんが大好きで
毎朝 目覚ましが鳴るのを待っていて、お父さんを起こすそうです037.gif

お父さんがいないと自家中毒(淋しい病)になってしまうくらい・・・

日曜にた~っぷり遊んでもらい
月曜になってお父さんが仕事に行くとわかると不機嫌になるんだって~
どんだけ好きね?037.gif

d0282395_1393940.png
歯槽膿漏で右側の歯が抜け落ちてしまい…
舌がペロッって出てしまいますぅ~012.gif

ご飯は毎食お母さんの手作りだそうですよ
素晴らしい053.gif


この日、ミニをお迎えにハクくんも一緒に来てくれました060.gif
ちょ子が挨拶しようと・・・
d0282395_1310097.png
d0282395_1310944.png
怖いね・・・
大きいし・・・

しばらくすると・・・
d0282395_13194879.png
ソファーに上ったり、テラスを覗いたり・・・
慣れてきたかなぁ~

再度挑戦!
d0282395_13101976.png




今回お願いされたのは伏せのポーズ
顔は上げないで、前足に乗せた感じに・・・♡
d0282395_15404769.png


ということで・・・
こちらが出来上がったミニハクくんです♫
d0282395_1543438.png


d0282395_15312775.png


後日・・・
お父さんも分身が来たと喜んでいました(^-^)
孫の写真と一緒に特等席に飾り
間に介した方に感謝しております
とメールを頂きました♥

本当に有難いです。
ハクママさん、とってもいい方で
私も出会えて嬉しいです♡
ranranさんとお客さんの稲葉さん、有難うございました。



その日、一時間程一緒に居ましたが・・・
d0282395_15314564.png
結局二匹の距離は縮まることはありませんでした008.gif


ハクくん!懲りずにまた来てね~♥
[PR]

by chu_k2012 | 2014-05-14 23:15 | 羊毛フエルト | Comments(4)

マルチーズ 作品No.36 ナナちゃん

マルチーズのナナちゃん代目
1代目も2代目も…不慮の事故で突然のお別れになってしまったそう…007.gif

d0282395_17195766.png
そして出逢ったナナちゃん♡
1代目も2代目も女のコだったけれど活発で、
ナナちゃんは正反対。
大人しくて・・・
抱っこが好きで・・・
ワンちゃんと遊ぶのが苦手だったそうです・・・



d0282395_16443620.png
生まれつきあまり健康ではなかったナナちゃん
11歳の時、住み慣れたおウチを引越し・・・
それが精神的に良くなかったのか・・・
一ヶ月が経った頃入院することに。。。
病名は肺水腫

お父さんお母さんは、
毎日病院に会いに行きました。
しかし、回復の兆しは見られず・・・
最期は一緒に過ごしたいと
『今日連れて帰ります』 と
お医者さんに言ったところ・・・
『あと一日診させて下さい』
との言葉に、一日待つことに・・・


ところがその晩・・・ナナちゃんは息を引き取ったそうです・・・
2012年8月21日 11歳の夏でした・・・
最期看取ることが出来なかったことが
今でも悔やまれて仕方ないそうです007.gif

そう話してくれたお父様の目には涙が・・・
本当に可愛がられていたんですね・・・

そんなお父さん、お母さんの気持ちが
少しでも癒やされます様に・・・
誕生したミニナナちゃんです
d0282395_16452914.png


この感じで♡とのご依頼
お人形さんの様にカワイイですね~♥♥♥
d0282395_16465429.pngd0282395_1647134.png
























目線は上向きに・・・
d0282395_16472341.png
お父さん、お母さんずっと傍に居るよ053.gif
お空のナナちゃんもそう言っていることでしょう・・・
[PR]

by chu_k2012 | 2014-04-29 10:57 | 羊毛フエルト | Comments(8)

キャバリア・KC・スパニエル 作品No.35  メロンちゃん

またまた珍しいワンちゃん♪初挑戦!

クリクリお目目がとってもカワイイ
キャバリア・コッカー・スパニエルのメロンちゃん
d0282395_2139154.png
2004年3月6日に産まれたメロンちゃんは
約2ヶ月後の5月5日メロンの日におウチにやってきたそうです~
それでメロンちゃんなんですね037.gif



d0282395_21392465.png
普段は大人しくていい子ですが…
家族が帰って来た時、ご飯の時やお散歩となるとおてんば娘に変身026.gif
初めの散歩は尻っぽが内側にめり込むほどビビっていましたが…
好奇心旺盛で直ぐに散歩が好きになり
ビニール袋を持っただけで発狂するほどに037.gif
どこへ出掛けても楽しそうにはしゃいでくれました070.gif

毎日の通勤・通学の時は静かに見送ってくれるのに…
ちょっとコンビニなんかに出掛ける時は怒り狂っていました008.gif

帰りが遅くなっても必ず起き上がって歓迎してくれて嬉しかったです♥

家族のみんなを好いてくれていつも誰かの後をくっついてストーカー状態でした
003.gif


d0282395_21394166.png
7歳の頃からたまに咳き込むことがあり
僧帽弁が緩くなる病気とわかりました。
当時、咳は心臓が悪くなっているサインと知らず…
発見が遅れてしまいました…

意識を失う前、病院に会いに行った時
肺水腫になり苦しそうだったにも関わらず
尻っぽを振り、喜んでくれました…


2013年 5月14日
メロンは静かに息を引き取りました…
享年 9歳


もっと早く気付いてあげていたら…と
後悔と申し訳なかった気持ちでいますが
お互いにいい関係でいれたと感謝しきれません。


今回のご依頼主さんは24歳のとても礼儀正しい青年T君からでした。

メロンちゃんがやって来た時はまだ中学生で、
転校して直ぐ、不安な毎日で…
精神的に助けてもらったそうです001.gif






それでは今回の作品を紹介します♪


d0282395_21455146.png
モデル犬になれるんじゃないかと思うほど可愛かったです♥
親バカでスミマセン(^。^;)とT君





d0282395_21463243.png








d0282395_21464390.png



















d0282395_21523138.png

d0282395_21532299.png



T君からのメールの最後に
飼い主が救われればワンコ達も救われると思います
と書かれていました…
そうね・・・と
どこかで未だ引きずっている心に響いた言葉でした・・・





d0282395_21541333.png


親バカ大歓迎♥
またワンコが繋いでくれた素敵な家族との出会いでした072.gif
T君ありがとう053.gif
頑張ります049.gif
[PR]

by chu_k2012 | 2014-04-23 12:08 | 羊毛フエルト | Comments(6)

今日は・・・ 作品No.37 黒ラブ リキくん

今日4月17日はリキくんが亡くなってちょうど一年・・・

1998年3月生まれのリキくん

後の飼い主となるパパさんの弟の家でブリーダーから迎い入れた仔だったそうです・・・

幼少時代、警察犬訓練学校に行き
麻薬犬の訓練を受け、大会で入賞したことがあるそう038.gif

色んな事情から弟さんが飼えなくなり
1歳9ヶ月のリキくんは大晦日にパパママのお家にやって来たそうです♪
運命ですね053.gif
d0282395_20404023.png

このようにしてリキとの暮らしが始まり、まさに犬まみれな日々となりました。
毎日夏場以外の午前中は遠くまで歩いて散歩に行き、
そこでリキと朝ご飯や昼ご飯(オニギリとかですが)をいただいたりもして。
若い頃から完全インドア派だった私は、生活がガラリと変わったのです。
早起きも大嫌いだったし、ジーンズもジャージも持ってなく(笑)
歩いたり走ったりなんて面倒くさーって価値観だったのに。

私達はリキに夢中でした。
リキが楽しむ時間を作るのが夫婦の共通の目的で、
休日はまずリキと遠出のお散歩やお出掛けが当然となり…。
夏はリキが暑い思いをしなくて良い所を選んで、川や山に。
その他の季節は広い河川敷や公園、なるべくひと気の少ない観光地などを選んで。
GWなどの大型連休は、どこにリキと行こうかを考えるのが常でした。
お花見やクリスマスになどの季節の催しや、庭でのバーベキュー。
リキがいなければ、こんなに楽しんでなかったかもしれません。

30代はリキとの遊びに費やした日々が全てだったと言えると思います。
とにかく疲れ知らずで遊び好きだったので、
まずボール遊びやフリスビーで2~30分遊んでから、
更に1時間のお散歩に行っていたものです。
レトリーバーのワンコ友達も増え、お付き合いで毎日のように川に泳ぎに行ったり、
山に遊びに出掛けたり…。

7歳くらいからは、無理をしてでも遊びたいリキをセーブしながら遊ぶのが課題に(笑)
サプリメントなどにもあれこれ気を配るようになり、
健康面や体調面について書き留めるようにもなりました。
それでも病気ひとつかからず、食欲がない…様子がおかしい…
という事も一度もありませんでした。
これは本当に最大の親孝行だったと感じています。

次々とやってきたニャンコ達にもまったく動じず、
みんなを保護してあげれたのもリキの優しさがあったからこそでした。

たった一度だけ危機的状況に陥ったのは、
高速道路のサービスエリアで買った焼き鳥をくしごと噛み砕いて盗み食いした事くらいでしょうか(笑)
リキが見つけないように気をつけていたのに、
家に着いて荷物を降ろしているスキにやられてしまい…
慌てて病院へ駆け込みました!
この時だけは手術しないといけないかも…と絶望的な気持に(^◇^;)
(無事病院で吐き出しました)

10歳に近づくと、もっと若い仲間のワンコ達と遊ぶ事が負担になるようにもなりました。
遊んでる内は自分で制御出来ないのです(笑)でも家に帰ると、
首を痛めてたりとか疲れやすくなってたりとか…。
疲れたら適当に休むとか上手に出来ないんですね(笑)
ずっとテンション高く遊んでいたいみたいで(夫と同じ…(^_^;))
なので集団で遊びに行くのはお断りするようになっていきました。
それでも十分元気で他には全く健康を脅かす材料はなかったと思います。

13歳を迎えた4月に、恒例の血液検査と健康診断でも花マルでした。
しかしその年の7月、突然明け方に倒れ…前庭疾患と診断されたのです。

この時自体の回復はステロイド剤を用いて、驚く程すぐでした。
しかしその後…お薬を離脱しようと段階を踏んで行くと、
ちょっと調子を落としたりの繰り返しになってしまい…。
1年後には腎臓のダメージが始まり、
脊椎や関節が弱ったせいで本犬の思うような動きがしにくくなっていったのでしょう。
結局はこの病気が引き金となって、リキの寿命を早めていったのだろうと思います。

私はそれまでのリキの元気さを思うと、自力で立てなくなっても数年は頑張ってくれると
完全に思い込んでいました。
ですから自力で立てなくなったとほぼ平行して、食事を受けつけなくなった事に動揺し…
正直リキを見送る心構えがまだありませんでした。

でもどんな工夫をしても食べてはくれない姿を見ている内に、
(ああ…リキは自分で決めたがってるんだな)
と感じました。
動けなくなっても生きるのは、リキの本望ではないのかもと。
私達と生きる為に、人間の都合やルールに従い続けてくれたのですから…
この時ばかりはリキに任せようという気持になっていきました。
なので栄養点滴だけはしていましたが、延命的な事は何もしていません。

この様な判断をするには色々な考えがあると思いますけど、
私達はリキの意思に従った最期だと考えています。
自分で起き上がってご飯を食べれるギリギリまで、よく頑張ってくれたのだと…
誇りに思っています。
                         
                              ママさんのエピソードより…
15歳を迎えて間もなくリキくんはお星様になりました・・・



ママさんが送って下さったアルバムのリキくんとミニリキくんを交えて紹介します♥
ママさんがミニリキこと小リキと命名して下さりました♥(^-^)♥
小リキくんはで囲ってあります

d0282395_20413176.png
d0282395_2043350.png


d0282395_2042673.png


d0282395_2043504.png


d0282395_20442598.png


d0282395_20443820.png
この写真の題名は・・・
馬と探偵女
だそう・・・  なんともユーモアのあるママさん053.gif
↑この写真でもわかるように、リキくん
男の子のシンボルが晩年は白くなったそうで・・・
d0282395_20445524.png
d0282395_2283913.png
どうでしょう…(^_^;)
この後ろ姿に関しては、パパさんがイラストで説明下さりました
パパさんかなりこだわっておりました037.gif

そして・・・ヒゲ・・・
d0282395_20451917.png
本物リキヒゲもちゃんと取ってあり送って下さったママさん。
でも長すぎて…切ってしまうには惜しいので…
面白映像はコチラ
リキくんの体の毛を付けました♡


そしてオマケにとパパさんから届いたお写真♪
とうたんくいついた~!!
d0282395_22231122.jpg
お互い旦那様は休日になると早起きは苦にならず・・・走りに行ってしまうのよね(^_^;)


そして…
一年ぶりにお家に帰って来た♥と送って下さった写メ♡
d0282395_20461734.png
やっぱりお家がいいね~
なんかとっても優しい目をしている小リキくん053.gif

d0282395_20463612.png
今は自分達の中にリキがいると考えているので、どこに行っても、何を見ても一緒です。
たくさんの綺麗なものを目に映して、リキにも見せてあげたいと思っています。
出来るだけ長生きして(笑)リキや他のニャンコ達の事もいつまでも思っていたいなぁと。
その意味でも、小リキを誕生させて下さって…本当にありがとうございました。

最後に、リキの命日に合わせて努力下さいましたことにも、とても感謝しております。
この事で私達は命日を迎える悲しさを、ほぼ忘れて今日まで過ごす事が出来ました。
今は嬉しさと楽しみな気持しかありません。
                                   ママさんから・・・



こちらこそ有難うございました。
ママさんからのメール、途中込み上げるものがあり涙してしまいました・・・
毎回、色んなエピソードをもったお客様に出会い
それぞれのワンコに対する愛情を感じます。
その度幸せを分けてもらえる気がします。
皆さんに感謝するのは私の方かもしれません・・・053.gif

これは先日、らんらんさんの所に二代目フィリーちゃんが来た時に小リキくんを連れて行って
ミニフィリーツインズ&ミニエス姉さんと撮った貴重な一枚です~☆彡
d0282395_20465899.png
リキママさんとはフィリーママさんが繋いで下さりました・・・♡

最後にちょ子とも♥
d0282395_20484753.png
小リキくんもう直ぐ大好きなパパとママに会えるよ053.gif
[PR]

by chu_k2012 | 2014-04-17 12:45 | 羊毛フエルト | Comments(8)